<関連する記事>



凱旋門賞直行クロノジェネシス ひと叩きしてほしいが…
…いたからこその成果だった。  さて、先週の宝塚記念(G1)を制したクロノジェネシス(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が凱旋門賞に挑戦するようだ。ナカヤマフ…
(出典:スポニチアネックス)